ムダ毛の自己処理の基礎知識

ムダ毛の自己処理の基礎知識

自己処理(じこしょり)というのは、脱毛についていうときは、ちょっと特別な意味があります。


ラヴォーグのような専門の全身脱毛サロンでムダ毛を除去するのではなくて、自分自身でムダ毛を取り除くことを指しています。


脱毛サロンに通うから自己処理について考えなくて良いかというと、全然逆で、脱毛サロンに通っている間こそ、ムダ毛の自己処理をしっかり考える必要があります。


自己処理の基礎知識について、解説して行きます。


ムダ毛は抜いてはダメ!

ムダ毛は抜いてはダメ

まず最初に理解して欲しいのは、ムダ毛は抜いてはダメ!ということです。


ムダ毛を抜くと、肌にとても大きな負担がかかってしまいます。さまざまな炎症のもとになってしまうんです。


ムダ毛を抜くのは、どうしても抜くしか方法が無いという場合に限るべき。そのぐらいに考えておくと良いです。


ムダ毛を抜くというのは、毛根部が生きているまま、引き抜くということですから、肌・皮膚に与えるダメージはとても大きくなります。何より「痛い」というのが、その表れです。

ムダ毛を抜く系統に入る自己処理方法

ムダ毛を抜く系統に入る自己処理方法は、毛抜きだけでなく、脱毛ワックスとか脱毛テープが含まれます。共通するのは、とにかく「痛い」ということ。痛みは、体の悲鳴ですので、痛みが強い自己処理方法は避けた方が良いとシンプルに考えていても大丈夫です。


できるだけカミソリで剃るようにしましょう

カミソリ

自己処理は、正しく使えばカミソリで剃るのがベストです。


カミソリで剃ると、ムダ毛の毛根部はそのまま残りますので、ムダ毛を丸ごと抜いてしまうよりは、はるかに肌に与える負担が少なくて済みます。


もちろん、カミソリで剃っても、肌をごく薄く削ってしまうので、一定のダメージはあります。ですので、自己処理前後にはしっかりケアするようにしましょう。

ムダ毛を途中でカットする系統に入る自己処理方法

ムダ毛を途中でカットする系統に入る自己処理方法は、カミソリだけでなく、その電動版の電気シェーバー、脱毛クリーム(除毛クリーム)などが含まれます。共通して「痛くない」方法だということが分かると思います。


脱毛クリーム(除毛クリーム)は、比較的強い薬剤でムダ毛を溶かすものですので、自分の肌との相性には注意しましょう。


自己処理前後のケア

蒸しタオル

自己処理前後のケアは、次の3つの流れです。


@自己処理前には、対象部位を温めてムダ毛を柔らかくする。
A自己処理後には、対象部位を冷やして肌を引き締める。
B最後に保湿ケアを行う。


こうしたケアの際には、蒸しタオルを使うと良いです。


蒸しタオルは自宅でも簡単に作ることができます。水に濡らしたタオルを、食品用のラップで包んで、電子レンジで温めるだけです。温める時間は数十秒程度で大丈夫ですよ。秒数で好みの温度に調整できます。


蒸しタオルは、温かいうちは自己処理前のケアに使うことができ、冷めてきたら自己処理後のケアに使うことができます。ぜひ活用してみてくださいね♪


全身脱毛サロン『ラヴォーグ 立川駅南口店』について紹介しています。格安料金で全身脱毛したい人は、TOPページから詳細を確認してみてください。脱毛情報なども順次追加しています!